2020後半(最新の記録へ)
2020/06/01020304050607080910
111213141618192429
2020/05
2020/04
2020/03
2020/02
2020/01
2019/12
2019/11
2019/09~10(整理中)
2019/08
2019/06~07(整理中)
2019/05
2019/03

星のロゴ2020年06月30日(火)[web clap]
アンダーライン

 るりなみ版、るりなみ版、と呼んでいた作品が完成しました!!! 仮の正式タイトルは『ナミソラ王国幻想譚 光の玉手箱』となりそうです。全6話の短編集。3万7千字、A4にして54ページになりました。4月に書いていた『天使の宝玉』と同じくらいのボリュームですね。

 とはいえ、まだ4話、5話の文章の調整が残っています。児童文学のフォーマットにしようと、ルビを振ったり、むずかしい言葉をやさしく言い換えたり、「──」の使用をやめたり。どこかに出す予定はなくなってしまったのですが、そこは完璧にしておきたい。

 今月は5冊本を読むのが目標だったのですが、読み終えたのは3冊でした。触れているのは15冊くらいあると思うのだけど……。月の中頃から、ちょっと日常を離れて集中力のない日々を送っていたので、仕方なかったかもしれません。月の後半からは鍛錬も執筆も再開できてよかったのですが。終わりよければすべてよし!

 本日、たくさんの拍手ありがとうございましたっ!

星のロゴ2020年06月29日(月)[web clap]
アンダーライン

 しばらく体調が万全でないのと忙しいのとで自分の自由時間がほとんど取れず、ついに一昨日「うぎょわーーーー!!!」となって、実に23日ぶりに「ナミソラ短編るりなみ版」の執筆を再開しました。最初はテンポがつかめなかったし、3日目の今日もまだ確信が持てずに書いている状態ですが、それでもなんとか下書きは最後まで辿り着き。文章を整えれば「るりなみ版」のとりあえずの完成となりそうです。

 それにしても難産のほうだったと思います。短くて気軽な作品であるわりに。最初の1話2話に比べて最終6話とかの完成度はどうなんだろう、と頭を抱えてしまいたくなりますが、ひとまずは完成させようと思います。

 ヘッセの『春の嵐』とともに、原田マハさんの『楽園のカンヴァス』という作品を読んでいます。日本の一般文芸の初心者なので、なにもかもが新鮮です。まだまだ「こんな作品もあるのか!」という驚きで満ち溢れた読書体験をしている状態で、もっと深く文学の海に浸れたらなぁ、と思うのです。

 6月24日、25日、26日、拍手ありがとうございました!!! がんばります☆

星のロゴ2020年06月24日(水)[web clap]
アンダーライン

 習い事の師匠に喝を入れてもらった……わけではないのですが、いろいろゆっくりお話しさせてもらって、勝手に喝を入れてもらった効果を得て帰ってきまして。ここ2週間ほど日課も何もかも崩壊してぐちゃぐちゃだったので、日々の鍛錬をおそろかにしないようにしたいです。執筆も!

 仕事のほうも夏いっぱいかかるような大きな案件に取り掛かることになったので、気を引き締めていきます。体調が万全じゃないときは万全じゃないときなりに、いろいろこなせるようにしたいです。

 ヘッセ先生の『春の嵐』を手に入れ、最初のページをめくっていたら、「ナミソラSF」の足りなかったパズルのピースのアイデアががつんと降ってきました。こ、これやー!!! すごい勢いでパズルが埋まる感覚、6月頭にもあったなぁ(そのときはほっちゃんこと堀江由衣さんの楽曲を聴きながらだった)。しかし主人公しずみの人格がちょっと変わりそう。いや、6月頭にもがっつり変わったばっかりですが。生み出されている途中です……。

 6月20日、拍手ありがとうございました!!!

星のロゴ2020年06月19日(金)[web clap]
アンダーライン

 う〜〜〜ん、うぅ〜〜〜ん。もうずいぶんの間、がっつり執筆に集中する、という作業をしていなくて。6月の執筆時間は目標を大幅に下回ってしまいそうです。

 でも、この6月になってから、今までの執筆の原動力のひとつでもあった「強迫観念」が消失したのも事実。それはたぶん「生きやすくなった」ということなのだと思うので、「強迫観念」がなくてもいいものが書けるように、精進したいです。実際、今しばらく、執筆をお休みしているのも「無理やり書いてもいいものにならない!」と思ったからだったわけですし。

 というより6月になってから人生の荒波の中におりまして。立っているのもやっとです。人生設計とか長期的な目標およびモチベーションとかの設定・管理も1からやり直さなきゃ!? とにかく「ひたすら書く」「職人のように書く」「今は書く」という目標が、「たとえ認められなくても魂の創作をする」というほうに向かいつつあります。

星のロゴ2020年06月18日(木)[web clap]
アンダーライン

 調子を崩しつつある、とまではいってませんが、今日は休みの日であるのをいいことに1日何度も寝てました。そろそろ調子のあがらない時期になってもおかしくはないので、様子を見ます。

 メイン企画である「ナミソラSF」のプロットがA420枚になっているのですが、ここからガッと削ろうかと思っています。メインのストーリーラインを核にするのはいいとして、どこのストーリーラインをサブとして残すか、いろいろ考えてはいたのですが、うーん。SFじゃなくなったりして……(笑)。

 拍手ありがとうございましたっ! 励みになります〜〜〜*

星のロゴ2020年06月16日(火)[web clap]
アンダーライン

 もうすぐ夏至……まじですか……! 最近ちょっとふわふわしていて執筆にがっつり向き合えず、自分で決めた「るりなみ版」の締め切りを破っては予定を立て直し、をしているすばるさんです。「ナミソラSF」プロットにかかりきり、ともいう。

 他人の前で、自然な自分を出せると、本当に生きやすくなるというか。今日も喫茶店巡り友達さんに、「私は実は『僕』で」みたいな話ができました。「僕」と言えるのは本当に楽。自分が肯定されている感じがします。友人に感謝です。

 少女漫画好きだし、腐女子だし(笑)、かわいい服も好きだし、……でも「僕」なんですよ。自分の性別は、この歳になってやっと受け入れられたし、自分で落としどころもわかるようになりました。そんなような経験を、創作の中でも描けるといいな。女の子になりたい王子のしずみさん!

 拍手ありがとうございます!!! 本当に嬉しいです♪

星のロゴ2020年06月14日(日)[web clap]
アンダーライン

 ふわーーーー!!! 朝から創作語りしていい? いい? となりつつ今の段階で語れることはあまりないと気づいたりもしたのですがっ。

 しずみの告白シーンが……!!! 最後に付け加えたのですが入れてよかった……ッ! 全部わかった上での失恋の告白というね。「愛しています」と答えてもらいながらそれが失恋になるというね。「さよなら」ではないんですけど、堀江由衣さんの楽曲「The World's End」等聴きながら「そうそうそう!!!」となっています。少女漫画脳の病気ですな。

 あまりにナミソラSFが少女漫画で……。(小説作品ですが漫画だとしたら)去年の『プラネテア』のノリが「少年ガンガン」だとしたら、ナミソラSFは「LaLa」とか「Flowers」とか……。とにかくそれくらいノリと描かれることが違います。そのため、模索の作品にもなりそうですね。経験値! 積みたい!

 大学時代に70年代〜90年代の伝説級少女漫画に魂からハマっていたのが一気にぶわっと出てきたのでしょうか。一番深く刺さったのは竹宮惠子先生作品でしたが他にも多々。昨日は友人から『月の子』を親和性ある作品として勧められました。1巻しか読めてない、読む!

 今日は古い友人との「すばる祭り」と言いつつ、取材も創作語りもしてこようと思います。友人さんたちに本当に感謝です。

星のロゴ2020年06月13日(土)[web clap]
アンダーライン

 早朝から朝活でサイト更新です。『天使の宝玉』のあらすじ追加のほか、こっそりつないだ別館が。こっそりと言いつつそちらの話がしたいので明かしますが「ナミソラSF」の紹介サイトです(まだコンテンツなにもありません)。

 BLで、かつ性表現あるとか書いてあるけど誤解を招きそうだ……しずみとみかげはそこまではいかない……(いくとしたら長くナミソラ追ってくださっている方にはお察しのあの2人です)。本命の創作していたらその設定は明かさざるを得なかったよ。

 日曜に、めちゃくちゃ長いお付き合いでナミソラも追ってくれている友人と久々に会って「すばる祭り」をしてもらってくるので(笑)、それまでにナミソラSF企画書を書いて読んでもらおう! なんて思っていたのですが、そんな締め切りで書き上がるほどやさしいもんじゃないですね、プロットって。がっつり相談に乗ってもらってこようと思います。

 また夜など追記に来るかも知れませぬ!

星のロゴ2020年06月12日(金)[web clap]
アンダーライン

 お世話になっている方に、久しぶりにゆっくり話を聞いてもらってきました。カウンセリングとは違うのですが、カウンセラーさんであるかのように慕っております。この頃、本命の創作が爆誕してて潜在意識と繋がりまくりで、みたいな話を中心に、まぁいろいろな話をしましたが、すべての中心はナミソラでした。もう一生創作から離れられないと思う(笑)。

 その「本命」のナミソラSFですが、全4章中の第2章までのシーンの仮案を詰めました。派手な冒険ものファンタジーではないけれど、丁寧に心情を追っています。人も死ぬ……。人の死を描くのは4月に完成させた『天使の宝玉』という作品ではじめて試みたのですが、今度もまたハードだ……真摯に向き合おう。

 いろいろな悩みを抱える方と話す機会があって、人生や出会いに感謝しています。僕はやっぱり人と関わるのが好きだなぁ。とはいえ人間不信だった時期もありました。当時の自分が今を見たらびっくりするんだと思います。その頃からナミソラは変わってないんだけどね(笑)。

 拍手ありがとうございましたっ!!

星のロゴ2020年06月11日(木)[web clap]
アンダーライン

 某SNSさんでの交流が非常に充実していて、にわかにいろいろな方の作品に触れています。一年以上、本屋に売ってるプロの作品しか触れていなかったのですが、やっぱり一次創作畑の創作者さんの心のこもった創作って大好きで。思わず涙が止まらなかった作品との出会いもあり驚きました。漫画で泣いたのはじめて!

 ゆるゆる仕事したり寝たりSNS徘徊してたりであまり創作できてませんが(おいおい)、友人シミズちゃんにも手伝ってもらって(感謝!)、本命創作であるナミソラSFの設定を詰めています。ひとりひとりのキャラを掘り下げて内面を描く、という『天使の宝玉』ではじめて得た方法を取っていきたくて、今は内面が全然わからないキャラと対峙しています。今日ちょっとわかったけどね!

 6月末から8月末までWEB系の仕事が忙しくなるようです。9月にイベント2つあるんだけど製本作業を計画的にしていかないと……。しかし波のある・バラエティある仕事って僕の気質&生き方にはめちゃくちゃ合っていて、感謝しております。まだまだひよっこなので毎回違う案件にひぃひぃ言ってますが(笑)。

星のロゴ2020年06月10日(水)[web clap]
アンダーライン

 習い事の師匠の家に、薬草の収穫の手伝いに行ってきました。なんだか魔法使いの修行みたいな感じの習い事で、薬草のこともいろいろ教えてもらっています。母とともに習っているのですが、母は薬草育てる方面が得意で、我が家は乾燥させた薬草や野菜などで魔女の家になりつつある……。10年前には信じられなかったと思うけど、現実がファンタジーですね。

 「ナミソラSF」のプロットを書いてみたのですが、まだまだ未定のところも多く。本命の創作なので、ゆっくり時間をかけて練ろうと思います。というか思いついたのが5月半ばで、まだ1ヶ月も経ってないからね!? 以前のナミソラ設定が10年以上の構想であったことを思えば、ひよこです。

 友人ちゃんの漫画に、漫画編集スキルのある先輩といっしょにいろいろアドバイスをしたりして、ネームのチェックなどもさせてもらいました。ラノベと漫画はやっぱりテンポ等みな違って、セリフの印象が変わりますね! 漫画映え、小説映えってあるんだろうなぁ〜。

星のロゴ2020年06月09日(火)[web clap]
アンダーライン

 小休止。ということで1日まったりしていたところ、夜になって仕事先からちょっとしたイラストの案件舞い込む。がんばります。

 まったりはしていましたが、創作脳はフル稼働でした。なんか降ってきたor湧いてきたんだよー! 構想をはじめたナミソラSFで、主人公の王子しずみの特性をひとつ付け加えたら、化学反応か魔法みたいにぱっと先が見えまして。10年越しにしずみが「王子様」に戻ってきた感じに。しかし、苦労はします。めちゃくちゃ思春期の荒波にもまれてもらおう(笑)。

 そんなわけで人間ドラマの筋は決まり、そろそろ企画書を起こせればいいのですが、SF設定に難儀しております。世界観を複雑に考えすぎちゃうタイプで、ここからは引き算の美学の世界になってきます。シンプルに、かちっとはまる設定に落とし込めるか。その答えはあると思うので、あせらず向き合いたいです。

 漫画版ナミソラ『王国のアストロノーツ』の感想をいただけて、大変嬉しく思っています。自分でも読み返したけど、が、がんばって描いたなぁ、と……今もう漫画は描けない……。小説に溺れていたいと思うことに少し後ろめたさがあったのですが、これまた最近知り合った方から「書くことがよほど好きなんですね」というようなことを言ってもらえて、なんだか自分の中で納得がいきました。

 「漫画が描けないからって小説を書くな」みたいな暴論に、昔けっこう傷ついていました。僕の場合、漫画ではやっていけないと思った理由は腱鞘炎だったりもしたのですが、でもそれとは別に、絵本は3歳の頃から描いていたし、小説は小学生の頃からずっと細々とは書いていて。漫画に挫折したことで小説に本気になれた、というのが嘘のないところなんだな、とふに落ちました。

 小学生の頃「メフィスト賞を獲る!」と掃除中に叫んで、ライバルの男子から「ぜってーむり!!!」とあざけられた思い出(笑)。メフィスト賞しか知らんかったからな……。

 拍手ありがとうございます!

星のロゴ2020年06月08日(月)[web clap]
アンダーライン

 今日は久しぶりにWEBデザインの師匠に仕事の相談に行ってきました。けっこう高度な仕事を振られてしまって、仕事をしながら勉強にもなる、という理想的な状態になりそうです。ありがたや。

 8歳の小学生さんと知り合う機会があって、すかさず「好きな本とか漫画はなんですか?」とリサーチ。「ドラえもんの漫画とおしり探偵と鬼滅の刃」と答えが返ってきて、深く納得したりドラえもんすげえってなったり。僕は8歳の頃なに読んでいたかなぁ……ピーターラビットとか? 幼い頃に母の蔵書の手塚治虫先生作品を読めたのは非常に人生の財産になりました。

 大本命の創作「ナミソラ」の、一から新しく考えているver.の構想がちょっと進みまして! SFです。しずみとみかげの関係性のドラマになるかも。もうどこに受けるかとかは考えず好きな設定とストーリーにして魂の創作がしたい。そう思えたのは進歩です。たぶん。

 哲学書を読む人ってけっこう多いんですか? 僕が最近引き寄せているのか? さらっと「ミシェル・フーコーとか読みますね」と言っちゃうデザイナーさんがまじかっこよかったです。尊敬。

 リンクページを少し整理しました。拍手ありがとうございます〜〜〜***

星のロゴ2020年06月07日(日)[web clap]
アンダーライン

 友人と某観光地を巡ってきました。お土産物屋さんでうっかりオルゴールを買ってしまったりしつつ、服屋などにも行ってお買い物。こんなの何ヶ月ぶりだったろうか……街はきらきらしててすごい……。創作語りもできて大満足です。友人ちゃんありがとう!

 家の近くの本屋が児童書フェアをやっていて、思わず平積みされていた『あのころはフリードリヒがいた』を買ってしまいました。数年前に買ったけど売っちゃったかもしれなくて。小学生の頃、一番好きだった話かもしれません。その頃からドイツ文学なのかすばるよ(笑)。

 あとは本屋大賞が……、最近インタビューを読んでめちゃくちゃ感激した作家さん・凪良ゆうさん!? ということで買ってまいりました。歴代直木賞作品は好きだったりそうでもなかったりしたのですが、最近の本屋大賞作品は割とみんな大ハマりしてきたので、期待大です。読もう。

 創作は今日は進んでな……いや、今から! やる! 30分でも15分でもいいからやる!

 拍手ありがとうございましたっ!! 何人もの方からいただけて、めちゃくちゃ嬉しいです。

星のロゴ2020年06月06日(土)[web clap]
アンダーライン

 昨日書いたとおり、今日は文学少女さんと文学青年さんと、3人でお茶の席を囲んできました! ひとしきりお互い推しの文学者さんについて語り合ったあと、それぞれの作品を回し読む……。「るりなみ版」を読んでもらったのですが、めちゃくちゃいろいろ有意義なツッコミがあり、ありがたかったです。

 指摘された箇所の修正とともに、やはり児童文学として体裁を整えよう、という思いを強くして、難しい言葉を言い換えたり、漢字にルビを振ったりする作業をしていました。

 「プラネテア」は冒頭から言葉が難しすぎる、というのも本日発覚しまして……。だって、冒頭のセリフに続く言葉が「藪(ルビなし)」です。そして「縄梯子」。……不親切でした……今になって気づきました……ああぁぁ。

 まったく関係ないのですが、創作の資料として、昔やってたオンラインゲームのスマホ版をダウンロードしてきました。今のスマホゲームってすごいのね、楽だし、エフェクト派手だし。ここ数年ほとんどゲームをやってないので、びっくりしました。

 拍手ありがとうございます〜〜〜! 励みになりますっ!

星のロゴ2020年06月05日(金)[web clap]
アンダーライン

 昼まで寝て喫茶店巡って本読んで遊んでおりました。仕事がどばっとくる前の凪の期間なのと、執筆の波がのらないから待っている時期なのとはいえ、おいおいって感じです。せめて家事と日課くらいはがんばろう……。

 と言いつつ明日も友人らとお茶する約束があるのである。物書きの友人2人です! 物書きがオフラインで3人集えるってすごいことです個人的に……! しかもかたや明治の文豪、かたや昭和の直木賞作家を研究しておられる文学少女さんと文学青年さん……めちゃくちゃ楽しみ……。そういうカテゴライズだとすばるはなんと呼べばいいんでしょうね? ファンタジー創作家とかだと嬉しいですが、ヘルマン・ヘッセを愛するファンタジー創作家って……??

 本好きのリア充な生活を語ってしまってなんだか申し訳ないのである。僕なんてコロナで思わぬ幸運をゲットしたタイプですが、お世話になった先生などはコロナ体制で授業準備等めちゃくちゃしんどくなっておられるようで、頭が下がります。医療機関の方々や、営業自粛を余儀なくされたお店の方々、学校に通えない子やその保護者の方々なども……社会が大波にのまれているかのようですね。

 それとは別にゆっくりしていると焦るのである。書かねば! しかし去年の今頃〜夏頃に、焦って無理やり書いて撃沈した原稿があるので、同じことはくりかえしません。ゆっくりするー!

 拍手ありがとうございます!! 嬉しいです(^_^)

星のロゴ2020年06月04日(木)[web clap]
アンダーライン

 いろいろ思うところあったのと、友人らの声援を受けたのもあり、物語あらすじページにて「プラネテア」と「るりなみ版」の紹介を公開しました。日記でいろいろ端々を語っていましたが、それが少し伝わるようになれば……本望でございます……!

 ヘルマン・ヘッセが!!! 好きだ!!! と言いつつ代表作しか読んだことがなかったので、マイナーな作品を探し求めること本屋4軒目。デビュー作『ペーター・カーメンツィント』をゲットしました。むさぼるように読んでおります。しあわせだ……。

 るりなみ版の執筆ですが、昨日から波を逃しております。そういうときに無理やり進めると、あとで全然書いたものを愛せなくなってしまうので、今日はおとなしく仕事と喫茶店での読書とサイト更新に明け暮れておりました。はやく波、来い!

 それにしてもるりなみ版のキャラクター紹介に使った画像が……2009年のものなんだけど……ゆいりの顔が幼いとかはいろいろ見逃してやってください……。いずれちゃんと描いてあげ直したいのですが、2009年のしずみ(るりなみ)の外見的な良さがもう出せない気が。気に入っているイラストでした。

星のロゴ2020年06月03日(水)[web clap]
アンダーライン

 ちょっと調子は低調気味で本など読めていませんが、人間関係には良い変化などありました。しかし本当に「人に会うのがぜいたく」という価値観に世界が変わりつつあるんですね……! 近所の喫茶店さんが今日から営業再開したのが嬉しくて行ってしまったし、明日からは行きつけの古書店さんも営業再開ですが。在宅ワークはいつまで続いてくれるのか、もうずっと在宅でいいのにと思う(笑)。

 去年のお正月頃に冒頭だけ書いていた物語の、簡単な企画書を起こしました。まだまだいろいろ変わりそうですが、アイスクリーム・カーを爆走させてアイスクリームを売って歩く話にできたらかわいいかも。冬山でアイスを売ってぼろもうけ!?(笑)

 このサイトでも公開されている小説があったらいいよね、と友人には言われたのですが、ぐぬぬ、ちょっとまだしばらくはむずかしいかもしれません。とはいえ先生にあたる方からも「ネットの洗礼を受けよ」と言われているのでいつかは……ネットに作品……あげ……た……(力尽きる)。

 草の根で読んでくれる方々に恵まれていて、しかしそれすらも去年まではなかったことで、まだびびっているので、しばらくは水面下で書いていく&発表していくかと思います。がんばれ俺。

 拍手感謝いたします!!!☆

星のロゴ2020年06月02日(火)[web clap]
アンダーライン

 朝から哲学にめちゃくちゃ詳しい先輩と、そして哲学漫画を描いてらっしゃるシミズちゃんとで哲学談義をしておりました。先輩がすごすぎる……。しかしプラトンの『饗宴』を読むことになって買ってきたのですが、めちゃくちゃ少年愛の話で!? 少年愛は尊いという話だったよ……腐女子的にときめく哲学書だったよ……少年愛……歳の差……。

 その『饗宴』、ちょっとした待ち時間に公園のあずまやで読んでいたのですが、良い天気でとても気持ちよかったです。屋外で読書をすることなんてめったにない! でももれなく虫に刺されました(笑)。初夏の公園でプラトンを読んで少年愛にもだえる系腐女子……(どんなだ)。

 また、夕方ご近所さんのおうちに借りていた本を返しにいったところ、高校生と中学生の姉弟さんが遊びに来られていて。なんとお姉ちゃんが「プラネテア」の冒頭を読んでくれていて、続きも読んでくれることにー!? 初の高校生の読者さんです、あばばばば、緊張するなぁ……! しかしやはりライトノベルということで、中高生の読者さんを意識して書いたので、めちゃくちゃ嬉しいです。

 連日執筆していたナミソラ短編集るりなみ版のほうは、第5話が完成しました! 全6話で一旦一冊にまとめようと思うので、あとちょっとです! 6月後半から仕事が忙しくなるらしいのでそれまでに完成させたい……ゆるゆるがんばります。

 拍手ありがとうございます〜〜〜! めっちゃ嬉しいですっ!!

星のロゴ2020年06月01日(月)[web clap]
アンダーライン

 9月の関西コミティアに出ます! お知らせはトップページに。

 用事があって遠出した帰り、営業を再開したカフェにふらりと友人を呼び出しまして。昭和の少女漫画がいっぱい置いてある紅茶党のお店です。友人を待つ間、店主さんと少女漫画談義。至福でした。いつのまにかJUNEの話になっていたとかそんなことはない。ないぞ。

 その友人は、僕の母より年上くらいの人です。一条ゆかりさんの『ティー・タイム』という作品をすすめるとその場で読んでくれました。僕は吉野朔実さんの『ジュリエットの卵』を読んでいた。漫画を久しぶりに読みました。最近、漫画を読むと疲れてしまいがちなのですが、昔の少女漫画はなぜかするする入ってきます。コマ割りとか空気感とかかな……? それにしても友人に感謝☆

 るりなみ版ですが、昨日ぼやいた「月の満ち欠けと月の出の時刻問題」がなんと解決したんです! 昨晩風呂上がりに解決案がぱっと降ってきた。うわぁぁ、こんな解決の仕方があったのかー! と自分でも驚きました。そしてもとからその案だったかのようにしっくりくる。

 突き詰めて突き詰めて考えて、プロットを削ったり足したり割ったりして、最終的にできあがった物語の形が、すごくシンプルで丸くて、もとからそれしかなかったかのような完成形、ということがあります。『プラネテア』第2稿もそうでした。そういう物語って、完成作品を見てから、作ってる段階の苦労を知ったら読者はびっくりするかも、という気もします。

 拍手ありがとうございます! 毎日感謝です〜〜〜*