2020/02/03051013
2020/01/0306132023
2019/12/0406071013151819202228
2019/11/25
2019/09~10(整理中)
2019/08
2019/08/125810141517-192122232526273031
2019/06~07(整理中)
2019/05
2019/05/1213152128
2019/03
2019/03/02

星のロゴ2020年02月13日(木)
アンダーライン

 ここ数日の展示からこちらを見てくださっている方もいるかと思います。ようこそすばる亭へ、お越しくださってありがとうございます。小説は諸事情により、少なくとも数ヶ月経ってからの公開となります。それまでは漫画やイラストでお楽しみいただければ幸いです……!

 しかし春は別れの季節です。昨日今日当たり前に会っている人たちとお別れになるのだなぁ、と少ししみじみしつつ、まだ実感は湧かなかったり。新年度になっても今の居場所とのご縁は保てたら、とは思うものの、どうなるかはわかりません。

 来週になったら少し落ち着く予定で、新年度まではゆっくりしようと思っています。がんばる、がんばるの繰り返しだったからなぁ。人生でなにをがんばるかと言ったら、もちろんのこととして創作と、あとは地球の進化の波に乗っていくことですね。スピリチュアルな方面の話ではありますが、でもそのために必要なことは、ひとに親切にすることだったり、ほんの少し心を配ることだったり、と普遍的なのかな、と思います。

星のロゴ2020年02月10日(月)
アンダーライン

 プラネテアが製本されました!!! やっと、やっと、やっと「完成した!」という実感が湧いています。その反面、本の上で文章を見て「ああ、ここが未熟だー!」と思うところもあり、最終目標地点まで、まだしばらく原稿との旅は続きそうです(笑)。

 まったく話は変わりますが、タオライアーという楽器を使った満月瞑想会なるものに参加してきました。集まっていたのはタロットやら占星術やら瞑想やらがお好きな方々ばかりで、非常に居心地がよかった(笑)。目に見えない世界のことはどうしても普通には説明しにくく、説明する必要もない、個人的な趣味だから、と思ってきたのですが、うーん、せめて自分の日記ではカミングアウトしてもいいのかな? と、これからは小出しに語っていくかもしれません……。

 プラネテアにも、目に見えない世界を通じて僕が体験してきたことのエッセンスは大量に詰まっています。特に後半、ノアが謎の老人の助力で覚醒してから体験する世界はそうですね。日常うまく言えないことは作品で言う、というのがうまくいっていればいいのですが。

 この頃キリスト教とのご縁も深まっている中、ネイティブアメリカンの教えの本などとも出会いがありましたし、スピリチュアルな方面にも出入りしていて、自分の中で確固たる宇宙観が固まっていなかったらとっくに混乱していると思います。でもそうはならずに「いいとこ取り」で自分の糧にできていけるのは、ここ数年で自分も大きく成長したのだな、と思っています。

 小説を書くときって、詩とか絵とかを創作するとき以上に、しっかりした自分が必要な気がしています。それを少しずつ獲得できているかな、と思っています。

星のロゴ2020年02月05日(水)
アンダーライン

 つかのま解放されて遊び歩いております(笑)。創作もちょっとずつ進めていますが。

 今日は一年以上ぶりに会う人に、いろいろ人生の相談に乗ってもらってきました。目下、悩みはない状態なのですが、今日このタイミングでその人からアドバイスをもらえたのは非常によかったと思えました。小説を応援してもらえたのも、それも普通の応援ではなく宇宙意識的な見方で応援してもらえたのも、すごく力になりました。

 それから午後はレコードの聴けるお店でクラシック音楽を何時間も聴いてきました。ドヴォルザーク交響曲7番、ベートーベンピアノ協奏曲3番、ブラームス交響曲4番、ベートーベン交響曲7番。ピアノ協奏曲以外はとても思い入れのある曲たちばかりで、それぞれ自分史やオタク的知識(テニプリやのだめ)を出して語れる曲たちですが、語ると長いので割愛します(笑)。

 でも、ひとつだけすごく今日「おおっ」と思ったのは、交響曲の構成を意識して書かれているという『カラマーゾフの兄弟』を、本当の交響曲を聴きながら思い出して、「すごい似てる!!!」と感じたことですね。重厚で、テーマが多重構造になっていて、モチーフの反復などがあって。音楽と文学という別のジャンルながら、19世紀の表現形式、芸術という点では非常に似たところがあるのかもしれません。

 ちょっとずつ進めているという創作は、プロットなんですが。そのときそのとき思いついた話をプロットに起こしています。でも「これだ!」と命をかけようと思える深みのあるプロットにはまだならなくて。なにを書きたいかが、今、全然白紙なんですよね。ナミソラで完全燃焼。プラネテアでも今また完全燃焼。心の中には超新星爆発のあとの破片やもやみたいなものしか残っていません。それをどう育てていくか。

 新作始動にはちょっと時間がかかるかもしれませんね。短編でもいいと思っているのですが、どうなるかはわかりません。

星のロゴ2020年02月03日(月)
アンダーライン

 忙しかった制作や発表が一段落つきました!

 まだ2月半ばにイベント期間が残っていて、その準備などはあるのですが、それにしても解放感が半端ない。ここ2,3日は、打ち上げにカフェに本屋に集会にと遊び歩いておりました(笑)。

 行きつけのカフェにて、サプライズで「HAPPY BIRTHDAY!!」と書かれたおやつが出てきたのにはびっくりしました。友達でも家族でもない、お店の人と常連、という関係の中でのこんな心遣い。大変嬉しかったです。

 6年ぶりに行ったキリスト教の教会で牧師さんと再会できたのも嬉しかったです。僕はクリスチャンになる予定は今のところなく、宇宙宗教的な価値観を持っているのですが、牧師さんの話してくださった内容は非常にうなずけるもので。「聖書は神の言葉ではない、人間が書いたものだ。だから間違いもある」というのです。「誰の胸にも神様が宿っている」という考え方も好きだなぁ。その牧師さんは4月で転勤してしまうそうで、このタイミングでの再会を運命的に感じました。宇宙、神様のお導きというのかな?

 講演会に行く予定も非常に濃く入っておりまして。今週は外交問題、今月末はドストエフスキー。そのほか2回ほど仏教的宇宙の話の講演会にも行くかもしれない。ドストエフスキーはがんばって読んでいて、『カラマーゾフの兄弟』は文庫本5冊に及んだ本編を読み終わり、解説(解題)を読んでいます。いや、なんか、もう、今まで読んだ小説の中で一番面白いかと思ってる……!!

 あとは、ここ数日、非常によく歩いています。歩くことでいい考えがまとまるかもしれない、考える時間になるかもしれない、というシタゴコロがあったのですが、あまり考えははかどらず(笑)。でも、健康になにかいい影響があることは間違いないので、できるだけ続けたいです。

星のロゴ2020年01月23日(木)
アンダーライン

 誕生日でした!!! 祝ってくれた友人各位、家族に感謝です。

 とはいえ、もろもろの作業に追われパニックになりかけひぃひぃ言いながらパソコンにしがみつく、というとんでもない1日でした。今日でずいぶん作業ははかどって、もうパニックになることはなさそうなのでよかったのですが、もうちょっと精神に余裕を持てたらいいなと思いますよ……強く生きよう……。

 友人から「今年の目標は?」と訊かれ、うーん、と困ってしまいました。小説?(笑) でも、ただ小説書いてるだけじゃいかんなとも思います。いろいろなことの転換点である大切な時代ですし、バランスよく勉強して、人間力も高めていきたいですね。しかし具体的には? うーん。

 昨日、恩師と呼べる先生といろいろ話したことにより、これからの創作人生をどう生きるべきか、という考えが変わりつつあります。がむしゃらに書いていくより、もっと柔軟になろう、と。発想って、どこからなにから生まれるかわからないものです。

 がむしゃらにがんばったり、がむしゃらに勉強したりするのって、楽なんですよね。でも、もっと力を抜いた、もっと楽な、だけどある面ではすごくハードな、自由な学び方があるはずで。今はよくわかりませんが、とりあえず歩くときに姿勢を正すことからはじめました──か、関係ない(笑)。

星のロゴ2020年01月20日(月)
アンダーライン

 プラネテアの締め切りと、発表もろもろの準備に追われています。そこに臨時の仕事も入って忙しいですが、なんとかやっています。プラネテアはもうほぼ完成なので、ひと息ついています。製本したら「やり遂げた!」という感慨も湧くのかもしれません。

 読みたい本がたくさん積まれています。『カラマーゾフの兄弟』にかかりきりで、年末に買いこんだ本もいまだに半分も読めてないし(汗)。そんなにたくさん読書ができるたちでもないので、ちょこちょこ読んでいきたいです。

 そのちょこちょこした読書で今面白く読んでいる一冊が塩野七生さんの『ローマ人の物語』です。まず手始めにと思って買ってきたのですが、実は塩野さんの作品で読みたかったのはローマよりも『皇帝フリードリヒ二世の生涯』です。高校の世界史の授業で話を聞いて以来、大好きな神聖ローマ皇帝なのです。今度買ってこよう(積んでる本は……?)。

 いっぱい勉強したいと思いつつ、なかなか1日のうちに時間を割いて勉強することってできなくて。夜寝付く前に妙にやる気になって、朝起きると低血圧でだれている、という。そんなもんですね(笑)。

星のロゴ2020年01月13日(月)
アンダーライン

 一週間ぶりになってしまいました。大変忙しくしておりました。寝る時間を早くしたこともあり、夜中にしていた更新作業の時間がなくなってしまって。うーん、1月末のプラネテアもろもろの締め切りまではこんな感じかも……!

 プラネテアは第3稿という、書き直しの推敲の作業に入っております。全編この推敲ができるといいのだけど、時間との勝負です。でも、この推敲ができると、パズルを組み上げるかのようにカチッと文章がはまっていくようで、完成度が高まるのがとても楽しいのです。ナミソラ小説のときも書き直しが楽しかったなー。好きな作業です。

 そんな中で『カラマーゾフの兄弟』だけは時間を取って読んでいます。第4部という最終章に突入しました。1月中には読み終われそうです。そのあとは『未成年』というこれまたドストエフスキーの小説を読むというノルマがあるのですが……! でも、ノルマで読んでるとはいえ、すごく楽しいんです、ドストエフスキー読むの。

 とはいえ明日は久しぶりにWEBデザインに関わる日になりそうで。がんばってきます。

星のロゴ2020年01月06日(月)
アンダーライン

 プラネテア、こまごまとした直し作業をしています。つぎはぎだらけになっていく原稿を読み返しながら「ああ、全部書き直したい……!」という欲求と戦う日々。1月末に製本しなくてはならないので、今から全部書き直す余裕はないのです。でも、もうひとつの締め切りが4月なので、それまでには形を大きく変えていると思います。

 ちまちま読み進めていた世界史の本を読み終えました。なんと第二次世界大戦前、著者の若い頃に書かれた本で、「50年後のあとがき」というものがついています。50年が経ち、第二次世界大戦を潜り抜けてきたユダヤ人の著者が、自分の体験してきた「世界史」を振り返る内容のあとがきで。本の内容そのものももちろんめちゃくちゃわかりやすくて想像が広がる書き方がされていて素晴らしいのですが、そうした構成やこの本をめぐる歴史が、深い読後感を与えてくれました。エルンスト・ゴンブリッチ『若い読者のための世界史』上下巻です。

 年末に一気買いしてきた本の中では『Fate strange Fake1』を読み終えました。もふもふ動物ファンにはたまらない内容でした、すばらしい! それにしても最初から最後まで著者・成田良悟さんの文章力に圧倒されまくりでした。と思ったら巻末の奈須きのこさんの解説などでこの本の成立経緯が明かされていて、そこでも成田さんの力量というか気概というかもろもろが凄まじいことが発覚してただただ驚愕するばかりでした。

 一流の人たちは、すごい。うん……、すごい。

星のロゴ2020年01月03日(金)
アンダーライン

 あけましておめでとうございます。ご挨拶が遅くなりました。実は年末に行ったライブの疲れで大晦日と元旦は寝込んでおり、2日にやっと初詣などに行ってきました。友人が手作りおせちを持ってきてくれて正月気分を味わいました。手作りおせちなんてすばるはひっくり返っても作れないぞ……!

 昨日ちょこっとここにあげていたものは一旦下げました、すみません。後日再度あげます。年賀状のイラストとかぶっていたため、お知り合いの方々に年賀状が届いた頃合いに、また。

 1月を乗り切って、2月をこなして、3月にやっと一息つけそうです。4月からは新たな冒険が始まるため、3月にいろいろ考えなくては。1月2月はたぶん、考える間もなく忙しい(笑)。

 そうそう、サイトのリンク集とサイトマップのページができ、過去日記を少しずつ閲覧できるようにしています。新しいサイトになりました、のご挨拶にも少しずつ伺いたいと思っていますので、よろしくお願いします*

星のロゴ2019年12月28日(土)
アンダーライン

 クリスマスの間、日記が飛んでしまいました。あわあわ。年末年始、休みになったと思った途端寝込んでいてですね。ですが大丈夫です。近所の喫茶店には行ってます。カラマーゾフを読んでいます。

 友人のお母上からすばるは「るんるん」と呼ばれているらしい……。そして「るんるん起きた?」とちゃんと起きてるかどうか心配されているらしい……。某習い事の師匠からも古本屋の店主さんからも喫茶店のマスターからもちゃんと起きてるか心配されているすばるである。ちゃんと起きましょう。

 ところで今日は本屋で豪遊してしまいました。一昨日欲しいと思ったものの買えなかった本を一気に買ってきたのだ! 『烏に単は似合わない』『羊と鋼の森』の2冊は文春文庫、『Fate/strange fake』『リベリオ・マキナ2』は電撃文庫、そしてビーズログ文庫の『茉莉花官吏伝』です。ビーズログ文庫は初めて買いました。女性向けラノベがめちゃくちゃ揃ってる本屋さんだったのです、びっくり。

 『薬屋のひとりごと』というヒーロー文庫の作品が面白かったので、女性向けラノベを読みたくなりまして。『薬屋〜』はしのとうこさんというTRPG関連で活躍なさっている絵師さんがイラスト担当だったので手に取ったのですが、お、面白かったんです、後宮モノ……! 『薬屋〜』の2巻を買っても良かったんですが、今回はビーズログ文庫に挑戦してみます。

星のロゴ2019年12月22日(日)
アンダーライン

 オリジナル漫画『ナミソラ王国幻想譚 王国のアストロノーツ』を公開しました。移転前のサイトのものは下げてありますので、これからはこちらでご覧ください。少しずつコンテンツを公開することができていてほっとしています。2012年版のナミソラ漫画も公開したいようなお蔵入りにしておきたいような、迷いますね。ご要望があれば公開するかもしれません。

 そして! 昨日のことですが、プラネテア第2稿が完結にこぎつけました!!!

 修正作業が待っているので全然完成ではないのですが、ひとつの物語を最後まで書けるってすごく嬉しいことであるはずで。感慨があまりないのはどうしてだろう!?(笑) 第1稿が11万6千字だったらしいのですが、第2稿は8万字ちょい、とだいぶスリムになりました。いや、もともとは中編くらいに直すつもりだったんだ。最後までもうちょっとです、がんばります。

星のロゴ2019年12月20日(金)
アンダーライン

 昨日に引き続き、イラストをアップしました。今日は2点のみですが、以前下げてしまっていた作品です。王女のぞむと王子しずみ。少しずつサルベージが進んでいます。

 それと「関西在住。」のコメントのみだったプロフィールに少し書き足しました。書いたことが急に恥ずかしくなるなどあって、気まぐれに書き換わっていると思います。

 今日は毎週家に来てくれている友人の誕生日でした! 小さなケーキと年齢の数字のロウソク、苦労しつつラッピングしたプレゼントでお祝い。喜んでもらえてよかったです。と言いつつ、僕は胃痛を起こして友人の前でもほとんど寝ていたのでした。ケーキを食べる頃に図ったかのように回復してよかった(笑)。

 TVでやっていたスターウォーズEp.8を最後のほうだけ見たのですが、日本語吹き替えは初めてで。カイロ・レンの声が遊戯王の社長の声(津田健次郎さん)で意外だったもののテンションあがりました。スターウォーズフリークのすばるの兄弟はすでにEp.9を見てきたらしいです。僕も近いうちに。

 プラネテアは今日は少し修正作業ができたのみ。一年前に書いた未来日記によると、本日12月20日には完成して友人に見せるためにプリントアウトされているはずでした。しかし一年前の段階ではプラネテアじゃなくて別の話が書かれている予定だった。ファーユという王女様(性別に訳あり)が出てくる話を考えていたのです。ファーユの出番はあるのか……!

星のロゴ2019年12月19日(木)
アンダーライン

 イラストを8点のみアップしました。2010~11年の作品3点と、2016年の作品5点です。移転前のサイトではしばらく下げてしまっていたイラストもあるので、懐かしいと感じてくれる人もいるかもいないかも。

 新しく展示するにあたって、イラストを全部元のファイルから書き出しし直しているので、なかなか時間がかかります。今日は珍しく空き時間とやる気があったのでちょっとだけやってみました。イラストがどのくらい展示できるかはすべてこの空き時間とやる気にかかっている……特に過去イラストをどのくらい持ってくるかは……(笑)。

 今日は複数の友人から「新しいサイト見たよ!」と言ってもらえたり、日記の内容に触れてもらえたりして、嬉しかったですね。今時SNSでもなく個人サイトで発信しているというのは変わり者だと思っています……。でもWEBデザインとHTMLが好きなんだよー!

星のロゴ2019年12月18日(水)
アンダーライン

 夕方の空き時間に、ふらりと友人を呼び出してカフェに行ったのですが。友人から「すばるちゃんから連絡があるといいことがある! すばるちゃんは良い気を持っているんだと思う」と言われてすごく嬉しかったです。特に「気」に関しては思い入れもありますしね。

 プラネテアにも「気」の要素は出してしまいました。しかし今ひとつうまく描けてない気がしてこれから修正がんばります。いや、うまく描けてないのは「気」そのものじゃなくて「気」を使った戦闘のシーンなんですが。少しプラネテアを最終的にどうするかという目標が変わってきて、必ずしもバトルの要素は重要ではなくなってきてですね。それでもバトルのシーンが本当に面白く描けるなら、それを描くのがよいだろう、とは思うので、がんばります。

 目標が定まるとやる気も湧いてくるというもの。そういえば来年の目標もそろそろ考えないといけません。すばるはすさまじく細かくストイックに目標を立てるスケジュール帳を使っているのです(笑)。一年使って途中けっこうしんどくて目標設定欄が書けなかった月などもあったのですが、デザインの素晴らしさと24時間スケジュールの使い勝手の良さから来年のものも買ってしまった。買ってしまったどころか表紙をオーダーメイドで作ってもらったのです。出来上がったスケジュール帳のデザインを見た友人から「レベルの高い魔導師が持っている魔道書みたい」と言われました(笑)。

 プラネテアに全力投球しているあまり、サイト構築などは進んでいません!(開き直ってどうする) 来年度、少し余裕ができそうなので、気長に行きます!

星のロゴ2019年12月15日(日)
アンダーライン

 坂本真綾さんのライブに行ってきました! 2010年の15周年からツアーはほぼ行っているのですが、来年が25周年ということで、もうすぐ追いかけて10年になるのです。いつかのライブで聴いた思い出の曲、というものも増え、今日もそんな曲たちが新しく増えたり、思わぬ再会があったり。「今日だけの音楽」というタイトルのアルバムのツアーだったのですが、「今日だけの音楽」、文字通り楽しませていただきました。続きからセットリストにも触れた簡単な感想です。

続きを読む

--------

 前半に「今日だけの音楽」からの曲をガンガン飛ばしてからの、衣装替えの時のインストゥルメンタル曲がギター3本による「ニコラ」。独特の手拍子が懐かしすぎると思いつつも、対応できず。そのあとがなんと! まさかの幻の名曲「Cloud9」をやってくれたので、鳥肌が止まりませんでした。一番好きな曲なんですよ。「シンガーソングライター」の時にもやった、とMCで真綾さん自身が触れており、またその後後半のセットリストは「シンガーソングライター」の時のような真綾さんの趣味を集めた渋い曲選、とのことで……。「ソラヲミロ」など圧巻の菅野さん曲ありつつ、「逆光」や「宇宙の記憶」もありつつ、と盛りだくさんでしたね。時代が行ったり来たりで非常に不思議な感覚になりました。「光あれ」は懐かしいを通り越して、ライブで「光あれ」をよく聴いていた時代を思い出す、みたいな感じで、うまく味わえませんでした。一番真綾さんに入れ込んでた時期とは、今の自分は遠く離れてしまっている。それでも「今日だけの音楽」で2019年にこの曲たちを生で聴いている……なんというのだろう、感動、とは違って、不思議、という体験でした。

 もちろん前半の「今日だけの音楽」からの曲たちも素晴らしかった。「お望み通り」なんてちょっと演技がかっていてミュージカルの一曲みたいで素晴らしかったです。岩里さんの作詞曲「ディーゼル」はアルバム内で一番に仕上がった曲という解説がありました。口笛から始まる陽気なメロディー。「オールドファッション」は個人的にはすごく盛り上がれました。2019年のアルバム、2019年の曲。やっぱり5年前、10年前のノリやスタイルとは違っていて、それでも今の僕の好みにぴたりと寄り添ってくれて。このアルバムを初めて聴いた時は、そのことを奇跡的に感じたものです。一周回ってまた真綾さんとぴたりとはまるところに戻ってきたのかな、と。

 今日は久しぶりの知人に声をかけてみたこともあって、開演前と終演後にはオフ会の方々ともやりとりできました。連絡が取れなくなっていた友人とばったり再会する、などもあって、心温まったイベントでした。

星のロゴ2019年12月13日(金)
アンダーライン

 プラネテアの第2稿、ほぼ最後まで書き切ることができました! 第1稿と合わせたら、4月から文庫本2冊ほどの原稿を書いたことになります。しかしこれからの修正作業が本番じゃ。小説のだいたいの形はこれで決まったと思うので、あとはひたすら細部を高めていきます。納得いく作品にできるように、そしてそこから一歩進んで自信を持って「書きました!」と言える作品にできるように、がんばっていきたいです。

 ところで来年度の進路に迷っています。やりたいこと、行きたい場所があるけれど、すぐにそれに挑戦するのがいいとは言えず。しばらくはちまちましたことをして力を蓄えるのもいいかなぁ、という気持ちと、いや、やっぱり新年度から挑戦したい、という気持ちと。今日相談に乗ってくれた人からは「プラネテアがひと段落ついてからまた一緒に考えよう」と言われました。そうします。いや、実に抽象的な話ですみません(笑)。

星のロゴ2019年12月10日(火)
アンダーライン

 新しいイラスト画廊には古いイラストも少し飾ろうかと、2009年から2012年あたりまでのイラストを整理してました。Photoshopのもとのファイルからあたって、サイズ調整やURL入れなどをしています。サイズ調整ひとつとっても本格的なやり方には慣れていなくて、時間がかかっています(汗)。す、少しずつ進めていきます。

 12月これからと1月はちょっと忙しくなりそうです。小説執筆がもうすぐ一区切りしそうなのはいいのですが、今度は挿絵とか表紙イラストとかにかからねばならず……執筆しているときって、イラストを描くモードにはなれないし、逆もまた然り。少しずつ、ひとつずつしかこなせない「単線」の創作家ですね。まぁがんばっていきましょう。

星のロゴ2019年12月7日(土)
アンダーライン

 目立たないこまごましたところのサイトの表示の修正をしました。スマホからなど、心なしか見やすくなっているといいのですが。メイン料理(マンガやイラストや音楽)はまだ載せられていません、すみません、亀の歩みですが更新していきますのでお待ちください。

 行きつけのカフェに置いてある『人間の建設』という文庫本。すばるが個人的に尊敬してやまない数学者・岡潔さんと、有名な文芸評論家の小林秀雄さんの対談本です。この中で、両氏がドストエフスキーについて語っている箇所があってですね。主に『白痴』という小説に関してなんですが、僕が今読んでいる『カラマーゾフの兄弟』の書名も出てきまして。書名のところに注がついていて、本のラストで簡単な紹介がされているんですよ。それが。サラッとめちゃくちゃネタバレな紹介の仕方でして。読んでしまって「ウアァァァァ」となりました。

 こういうのってけっこう多いですね! 『銀河英雄伝説』のラストの対談を読んでいたら、未読だった『アルスラーン戦記』の重大なネタバレが出てきて「ウアァァァァ」となったり。『風と木の詩』の愛蔵版一巻のラストの解説でもやられました。愛蔵版で初めて読む読者がいるなんて想定されていなかったのかもしれない(笑)。

 「プラネテア」執筆はあまり波に乗れていないです。最後の章なのですが。この章の話自体は気に入ってるので(というかラストだよ!)、なんとか調子いいときにいいものが書けたらいいなと思うのですが。がんばります。

星のロゴ2019年12月6日(金)
アンダーライン

 ちょっとこのところ調子を崩していてですね。毎年この寒くなる時期がしんどいのは恒例なので、心配はしていないのですが、やはりしんどいですね。あまりオンラインで弱っちいところは見せないように、と思っていたのですが、つい本音が漏れてしまいました。うーん、しんどい。

 話はまったく変わりますが、半月ほど前から動画配信サイトで「K」というアニメをちまちま見てまして。やっと最終回にたどり着きました。途中からいろいろ謎が明らかになり、えっ、と思わせる真相もあり、楽しめました。13話完結のアニメにしてはすごくよくまとまっていて、創作の参考になりました。というかいろいろ刺激を受けました。

 その「K」の主人公のキャラソンの一曲「HAPPY DAYS?」がかわいくてですね。浪川大輔さんが「ヘタリア」を彷彿とさせる声で歌っているんですが、曲のノリがかわいくて爽やか! と思ったら、なんと大好きな作曲家さんである川田瑠夏さんの曲でした。川田さんのことは堀江由衣さんの「ハレノヒ幻想曲」などで熱狂的に好きになったのですが、この「かわいくて爽やか!」というのが本当にクセになる作/編曲家さんです。

 しかしアニメを一期分通して視聴したのが、去年の今頃「ISLAND」を観ていた以来の1年ぶりで。「ISLAND」でも田村ゆかりさんや亜咲花さんの楽曲にはハマったんですが(そもそも「ISLAND」を知ったきっかけは茶太さんの楽曲にハマったことだった)、一期分視聴すると曲までハマれてよいですね。心の栄養になります。

 創作家として良い影響を受けるためアニメをちょこちょこ観ていこう、というのも日々の目標のひとつになっているので、とりあえず「K」のあとは「Fate/GO 絶対魔獣戦線バビロニア」を観ています。しかしもととなるゲームをまったく知らないのでめちゃくちゃ設定がむずかしい(汗)。

 珍しくアニメの話などしてしまいました。早く調子が戻るといいな。ごきげんよう!

星のロゴ2019年12月4日(水)
アンダーライン

 なかなか更新作業ができないまま12月になってしまいました。正式オープンまではまだまだかかりそうですが、フライング気味に移転前アドレスのほうで「こちらで日記をつけます」と宣言してしまったので、せめて日記を更新していこうと思います。

 というのも今現在、人生の一大事業の山場の真っ最中でして。そんな時期になぜWEBサイトの再構築なんてするんだ……というツッコミは誰にもまして僕が僕自身に送りたい。落ち着くのは来年1月か、下手したら2月下旬です。ゆ、ゆっくりオープンさせる予定ですので、こちらの日記はオープン前の舞台裏、とでも思っていただければ……! 前アドレスのほうからは、正式オープン後に自動でリンクさせる予定です。

 人生の一大事業というのはあれですよ。さんざん前アドレスの日記でひいひい言ってる小説「プラネテア」さんの執筆です。もちろんアマチュアの領域の話ですが、完成後にお披露目する機会があるので、挿絵・製本まで自分で手配して完成させなくてはならないのです。1月末の締め切りまでに。

 それとまったく別の趣味みたいな話になりますが、ドストエフスキーの作品を読む会に参加することになりまして、『カラマーゾフの兄弟』を読み始めました。お、面白い! 以前ドストエフスキーに挑戦したときの自分からは感性が進化(いや、単に変化か?)していることに驚きです。大好きな友人の作品で使われてもいる「アリョーシャ」という名前にも慣れてきました。でもなんで「アレクセイ」の愛称が「アリョーシャ」になるんだ? かわいいけど。

 ルネサンス期のイタリアのことも調べたくてですね。忙しすぎて脳内で進めてるだけですけどね。

 忙しい忙しいと言いつつ、忙しく活動できる元気がある日は本当に恵まれているなぁ、とかみしめる毎日です。がんばれることは喜びですね。今は全部自分のためにしかならないがんばりだけど、いつかはそれが溢れ出て他者のためにも力が使えるようになったらなぁ、と思いつつ、日々思いを新たにしております。なんてね。

星のロゴ2019年11月25日(月)
アンダーライン

 本格的なサイトを構築すべく、サイトを移転しました。まだ改装中でほとんどコンテンツはつながっていませんが、一応今日からはこちらで日記をつけていこうと思います。ブックマークなど、こちらの「https://subarutei.com」のほうに変更していただけると幸いです。お手数おかけします。リンク先のサイト様へのご挨拶などは、もう少し落ち着きましたら……!

 今日はとりあえず『空の玉手箱 なつびより』という、以前の改装で下げてしまっていた絵本のコンテンツを復活させました。次は『ナミソラ王国幻想譚 王国のアストロノーツ』という読み切り漫画があげられればと思います。長編小説は少しずつ連載形式で公開していく予定ですが、来年になってからになりそうです。

 とはいえ小説の執筆作業とWEBサイト構築を並行して進めていく状況になりますので、こちらはしばらく亀の歩みになりそうです。10月頭から執筆している小説がクライマックスを迎えているところでしてね!(なんでこのタイミングでサイトの再構築をすることになってしまったのか) とりあえず小説をがんばります。進捗はこちらでご報告します。