2020/09/18
2020/08/010410111213141516212931
2020/07/010203051011121314172226
2020/06
2020/05
2020/04
2020/03
2020/02
2020/01
2019/12
2019/11
2019/09~10(整理中)
2019/08
2019/06~07(整理中)
2019/05 2019/03

星のロゴ2020年09月18日(金)[web clap]
アンダーライン

 お久しぶりです! いろいろ迷いがあったのと、忙しかったのとで、書くことができていませんでした。この場所では何を書けばいいんだろう、と……あまり日常的なことは書けなくてぼかしているんですが、それが知人に誤解を招くこともあり、うーん、と。かといって創作語りをしすぎると、あとから消したくなる……(笑)。あとがきとか裏話的なものは苦手で……ううむ。

 と言いつつ創作語りですが、新しい話を考えていますっ。もとになるキャラクターは2年ほど前からいたのですが、物語はほとんどまとまっていなくて。1から作っています。いろいろな人に相談して、現在大組みは第3案になりました。オリジナル惑星を舞台にしたSFファンタジーです。前半はコメディ的な軽いノリにしたいですね。

 英語の本のほうは、少しずつ、一日に読める量が増えてきました。単語力に乏しいので言葉を検索しまくりですが……。英語に触れるのを日課にしようとして挫折したこと数回、今度は暗記しようとかノートに書こうとかは置いておいてひたすら読んでいます。まぁまぁ、どうなることやら。

 更新停滞中も、拍手、本当にありがとうございました。届いております!

星のロゴ2020年08月31日(月)[web clap]
アンダーライン

 なんだか不思議な人生を送っているなぁと思います。いや、別に自分自身の人生はそう変わってもいないと思うのですが、今日会ったり話したりした人がたまたまとても世間的に珍しい人たちばかりで……。普通そんな人と知り合わないだろう、というような。生きているといろいろありますね。

 とはいえ自分の人生のほうでも、特に創作人生のほうでも、珍しい形式の依頼を引き受けることになりまして。種別としては脚本になるのですが、あまりに珍しい形式なので、自分にできるのか? と思いつつも仮提案をしているうちにとんとんと話が進み……。9月はそちらにかかることになりそうです。

 英語の本もヘッセも毎日開くもののあまり進んでいません、今は中断していた『嵯峨野明月記』を読んでいます。9月に、舞台となった場所に行く前には読み終えよ、と父からのお達しが。しかし、信長から光秀から秀吉の天下へと移り変わる歴史の動乱を描く一方で、芸術とはなにか、人生とはなにか、といった内容もだんだん深く濃く描かれるようになってきて、うならされます。

 そうそう、「るりなみ版」は無事完成し、ひとつの区切りをつけることができました。お披露目できるのはもう少しあとになりそうですが、お待ちください。

 8月30日、拍手ありがとうございました☆★

星のロゴ2020年08月29日(土)[web clap]
アンダーライン

 ちょっと間があいてしまいました、元気にしております。早く寝るようになったので、なかなか書きにくる時間がありません。今日も手短に!

 英語の本など読んでいます。手始めに『不思議の国のアリス』を選んだのですが、各方面から「アリスはむずかしいだろう」という反応が……言葉遊びの凝らされたネイティブ向き文章だとか……おかしいなぁ、数年前に「英語初級」として本屋で紹介されていたんだが……。たしかに、単語の意味がすべてわかっているのに、アリスがなにを言っているのかまったくさっぱりわからん、みたいなことが多々あります。めげないぞ。

 一方で「意外と簡単だと思う」と勧められて読み始めた『サピエンス全史』の英語版は少しずつではあれ、すらすら読めています(単語引きまくりつつ、ですが)。なんというか、英語の本を読んで理解ができる、というのはすごく感動的なことのように感じます。どういう脳の働きをしているんだろう!? 本当にわかりません。不可思議です。

 そんなふうに英語の本をいきなり読み始めたのも、早く寝るようになったのも、すべて村上春樹氏のエッセイに影響を受けたからであります……。数回前の日記に「彼には彼の僕には僕の小説の書き方が」みたいに書いた気がするのですが、まったくすべて前言撤回して影響を受けまくろうと思う(謎の決意)。

 更新停滞中にも、拍手ありがとうございます!!!

星のロゴ2020年08月21日(金)[web clap]
アンダーライン

 1週間忙しくしておりましたが、ようやく本日、7月からかかっていた仕事が一段落しました。もうなんというか最後のほうは気持ちが忙しくて大変だったのですが……一息つけそうです。

 創作から全然離れてしまっていて、なにがなにやらです。まったくなにもしていない状態から、「るりなみ版」の仕上げをしてエンジンをかけることに……なる……のか……? 自分のことも世界のことも短期のうちに捉えがちで、今は自分が創作家だというのが信じられません。ばりばり創作していた自分ってどんな自分だったっけ……?

 今はなんだか、ひたすら読みたいですね。縁あってエドガー・アラン・ポーなど読んでいます。ヘッセは『知と愛』に入りました。もう、尊すぎて一日に数ページしか読めません。ちなみにここで言う「尊い」は腐女子界隈で言う「尊い」とまったく同じニュアンスです……二人の関係性が至高、とか、聖域すぎて読んでいて悶える、とかです……。

 日常のほうでもいろいろありました。とても珍しい古楽器をなさっている方との出会いや、新しく友人になった人から大切な不思議な秘密を聞くことや……。最近、素敵な出会いやものごとが多いので、もちろん不快になることや不愉快な思いをすることもあるのですが、税金のようなものだと思っています(笑)。

 8月18日、19日、20日、拍手ありがとうございました! 来週はぼちぼち更新できればと〜!

星のロゴ2020年08月16日(日)[web clap]
アンダーライン

 「魔女」と呼ばれている方とお会いし、魔法の杖を見せてもらいました。不思議な話もいろいろ聞きましたし、こちらからも話すこともありました。もし数年前にお会いしていたら本気で頼っていたかと思うのですが、僕の嵐が過ぎ去ったあとに出会えたことも不思議でした。

 その「魔女」さんの旦那さんは、僕が大変影響を受けてお世話になっている人なのですが、その人の手記の本もいただいて、一気に読んでしまいました。昨日ここで書いた内容とシンクロするように「死と向き合うこと」がテーマの一冊で、人生の重みと悲しみと、そこから感じることの尊さに深く考えさせられています。

 お二人からは、物語を書き続けることを大変深く応援してもらえました。特に「魔女」さんからは「未来が見えないのは光でまぶしすぎるから」とのお言葉をいただき……。このところ創作方面では地に足がついていなかったのですが、ひとつ、前を向けた気がします。

 まったく新しい物語をぼちぼち考えはじめています。深い思い入れも思い出もないまっさらな作品で、純粋な創作の楽しみの中で、執筆段階まで至れれば、と思います。書き始めてしまえば、あとは波に乗るだけなのですが、船を造るまでが大変です。頑丈な船にしなくては。素敵な船でもあるといい。

 連続での拍手ありがとうございます!!

星のロゴ2020年08月15日(土)[web clap]
アンダーライン

 3週間ほど注力していた仕事がひとつ終わりました──!! WEBサイトの制作でした。デザイナーさんがデザインしてくれたものを組むだけとはいえ、レスポンシブ対応などむずかしい局面も多く、今回のことに対応するために大変スキルが磨かれました。このサイトも拙い部分が多々……目に余るようになったら改装するのだと思います……(笑)。

 読書のほうは塩野七生さんの『皇帝フリードリヒ二世の生涯』を(数ヶ月かけて)読み終えました。大変、大変勉強になりました……! というのもすばるさん、王国ものをずっと描いておきながら、国王とか皇帝がなんの仕事をしているのか全然わかってなかったからね! 必須の知識でした。いや、フリードリヒ2世だけを例にするつもりはありません。世界史系の読書は続けていきたいです。

 そのほかも今日はエッセイやノンフィクションをつまみ読みしていました。ノンフィクションは「死に向き合うこと」をテーマにした重いやつですが、これもなんというか、知っておくことは(個人的に)必須な気がします。思春期に文学的に考えてきた「死」と、成長してから人生の中で出会う「死」はまた全然違う(同じところもあるかもしれないけど)。今日もたくさんの「死」が同じ世界の上にたしかに存在したのだと、日々祈りにおぼえるようにしているけれど。

 拍手ありがとうございました* 仕事はもうちょっと残ってますが、明日から少しずつ創作モードに戻っていきたいです〜。

星のロゴ2020年08月14日(金)[web clap]
アンダーライン

 今日も仕事をがんばりました……あと数日で終わる……あと数日で仕上げねば……解放されるということはすべてやり遂げるということでして。地元では16日の送り火がもうすぐだね、なんて話を聞きますが、冗談じゃないです。16日までにまだいろいろやらなくては……!(笑)

 とはいえパソコンが新しくなって作業環境は快適になっています! よかった!

 休憩時間にはヘッセと村上春樹さんとライトノベルなど少しずつ読みました。執筆のほうは今日はまたお休みになりそう……大丈夫、休暇が待っている………………。

 そろそろ疲れているのか書いていることが若干おかしい気がします。気のせいかもしれない。昨日拍手ありがとうございます!

星のロゴ2020年08月13日(木)[web clap]
アンダーライン

 早朝、こらえきれなくて、6月に仕上げた原稿「るりなみ版ナミソラ短編集」の書き直し作業をはじめました。冒頭から文章を直していく推敲作業で、とても幸せな時間です。日中は仕事をして夜また少し向き合ったのですが、思っていたところまでは進まず……でも、久しぶりに創作に関われたので、満足しています。

 コロナの影響で仕事の案件がひとつなくなり、お盆明けに今の案件が終わったあとはしばらく休暇モードになりました。やっほぃ! 思う存分「るりなみ版」の仕上げにかかろうと思います。

 村上春樹さんの短編集の中の一作が、僕が少し前に書こうと目指した純文学の「お手本」のような形の作品でした。僕のほうはプロット段階でつまづいてしまってそのままなのですが……。うーん、ファンタジーはするする「水を得た魚」のようなノリで作れるけど(完成度はともかく)、純文学の呼吸がわかるようになるにはまだまだかかりそうだなぁ……。

 連日拍手ありがとうございます。大変励みになっております!

星のロゴ2020年08月12日(水)[web clap]
アンダーライン

 昨日書いた村上春樹さんの『職業としての小説家』、それから最新の短編集、そして人からおすすめされたライト文芸と、懐かしい作家さんのライトノベルなど買ってきました。村上さんの最初の短編には短歌が載っていて面白かったです。懐かしの作家さんは中学の頃に読んだ作品とノリが変わっていなくて安心したようなびっくりしたような。

 心理学の話を聞く機会がありました。文学方面で、詩人や芸術家や作家に対して「狂気を持っている」と(いい意味で)言うような精神的特性が、心理学の用語では学術的にぱきっと説明されているのを聞いて、心理学というものそのものの印象が少し変わりました。なんというか、今まで僕が知っていた心理学が文系の心理学なら、今日聞いたのは理系の心理学だった……! 奥が深いですね。

 仕事の合間の時間に創作をしようとしているのですが、数週間仕事漬けだったのでなかなか頭が切り替わりません。書けなくなる心配はしていないけれど、時間はかかりそうです。でもそんなことを言っていると秋にはまた大きな仕事がありそうで……集中して長編なんて書けるんだろうか……。プロの作家さんでも兼業の人がほとんどだと聞くので、両立のさせ方は探っていきたいですね。時間配分というよりは、脳や心のモードの問題で。

 昨日、たくさんの拍手ありがとうございました! 本日も拍手ありがとうございます〜!

星のロゴ2020年08月11日(火)[web clap]
アンダーライン

 新しいパソコンが届きました! ですが同期でごたごたしていて結局まだ今までのパソコンで書いております……。バックアップもひとつ間違えると書類が全部消えるとか、この1週間の更新分が全部なくなるとかあるので、冷や冷やしております。

 村上春樹さんのエッセイが揃っている喫茶店で『職業としての小説家』という本の一部分を読んできました。長編小説を書くときの時間の使い方や、小説家にとって大切な日頃の習慣のことなど、大変面白かったです。しかし村上さんに村上さんの流儀があるように、僕にも僕なりのやり方はすでにあって、(大作家だろうとアマチュアだろうと)自分なりの執筆との向き合い方があるのは面白いなぁ、と。それを維持したり更新したりしていく作業がまた大変で、やりがいもあって。

 あと今日は、少し前にこちらでいろいろ書いていた「ナミソラSF」を見直していました。やはりこの作品がやりたいと思ったので……。執筆の目的や目標などは今までの計画と少し変わってしまうのですが、どうせやるなら一番深みのある作品にチャレンジしたいと思いまして。でもまだまだプロットが空白だらけだったので、焦らず考えていきたいです。

 昨日、今日と、拍手ありがとうございました!

星のロゴ2020年08月10日(月)[web clap]
アンダーライン

 数日間、いいことと悪いことが立て続けに起こり、とても日記を書きに来られませんでした、すみません……! 拍手などありがたく頂戴しております、毎日ありがとうございます……!!!

 いいことというのは、小説関係で、ひとつ目標が達成できたという感じのことで。しかし仕事も人生も忙しすぎて実感も変化もありません(汗)。仕事のほうはお盆明けに落ち着くので、そうしたら小説人生に戻れるのかな。まったく創作に触れられない日が続いていて、そろそろおかしくなりそうです(笑)。

 友人からもおめでたい報告や躍進の報告を聞いたりして、人生いろいろだけどみんながんばっているなぁ、と思います。本当に人生いろいろで……涙することもありますが……強く生きよう……。

 ご近所にとても素敵な年上の友人ができて、大変嬉しいです。他にも憧れの年上の友人のお家に遊びに行くことになったり、心からの話ができる友人と知り合えたり、最近いいこともいっぱいあります。しかしとりあえずみんな「お盆明けに仕事が落ち着いたら!」となっていて、今は修羅場です。乗り切ります。押忍。

星のロゴ2020年08月04日(火)[web clap]
アンダーライン

 すっかり元気になりました。今日は仕事の合間に近所のお寺さんへ。庭の東屋で贅沢な時間を過ごすことができました。最も、行った目的は……今はまだ秘密ですが、数日内に書くかも書かないかも(笑)。

 仕事のほうも順調です。7月から使い始めたソフトにも慣れ、操作のストレスもなくなりました。8月末までの案件で忙しいのですが、それが終わったあともちゃんと仕事はありそうでありがたい。

 ヘルマン・ヘッセの『幸福論』はエッセイ集でした。1日1話ずつ読んでいます。あとは『知と愛』を読めば読破か、と思っていたら『青春はうるわし』という本があったみたいで。その他、本当に全作読破しようと思ったら、全集などに頼るしかないようです。

 読んでばかりいると、もう「書きたい、書きたい」ってなるんですよね。でもいざ1日が終わりに近づくとあまりエネルギーは残っていなかったり……。今は充電しつつ、プロットなどゆるゆる作ろうと思います。

 2日、3日、本日、拍手ありがとうございます〜〜〜!

星のロゴ2020年08月01日(土)[web clap]
アンダーライン

 寝込んでおりました。もうすっかり大丈夫です! いつもの心身の波のための不調ではなかったというか、心身の波の不調がないなーやったーと思っていたら身体のほうが強制終了した感じの不調でした。定期的に軽く寝込むくらいで心身をリセットしていくのが良いみたいです。自分の心や身体とも、お付き合いですね。

 仕事が忙しくなり、体調不良の中でもがんばっておりました。8月下旬までこんな感じが続き、解放されたら集中して小説の推敲をする予定です。そんなわけで原稿は今は寝かせている……。忘れた頃に読んだときに味わえる「他人の作品を読んでいる感じ」がまた好きなんですよね。

 父の勧めで『嵯峨野明月記』という小説を読んでいます。父の大学受験時代の過去出題作だったそうな。覚悟していたよりは読みやすいです。本能寺の変の頃の京の町の混乱を読みながら、道端で倒れていく名も無い人と天下采配の計略を練る一部の人との違いや、右往左往する人間の器の大きさについてなど、いろいろ考えさせられますね。うむ、面白い。

 ヘルマン・ヘッセの未知なる最後の2作が書店に届いているそうなんですが、蟄居中で取りに行けぬ、うぬぬ。しばらくは『嵯峨野明月記』と戯れておくとします。

 7月27日、28日、拍手ありがとうございました!

星のロゴ2020年07月26日(日)[web clap]
アンダーライン

 ひとつの物語を完成させて、新しい物語に取り掛かるまでのはざまの期間って、めちゃくちゃ苦手です。今まさにそうなのですが。ひたすら焦る。沈没していく。波に乗って執筆できている期間ってどれだけありがたいかと思います。今回はどうやってどうなって新しい物語に向かえていくのやら……。

 と言いつつ「るりなみ版」のブラッシュアップも残っています。8月中をめどに、気長にやりたいですね。少し冷却期間があったほうが物語にメスを入れやすいと思いますし。

 「ひたすら読もう!」の成果で、今月は今日までに9冊本が読めました。すさまじく読むタイプの人間ではないので、これは快挙です。来月も(仕事もろもろの関係もあって)創作はスローペースだったとしても、本はいっぱい読めたらいいな!

 ----

 拍手連日感謝!!! メッセージお返事です!

>>マツモトさま
>>マツモトさま

 メッセージありがとう!! そうなのです、上に戻るボタンが実装されました。戻るボタンないのは不親切だよなぁ、とずっと気になっていたので……反応もらえて嬉しいです(^_^)

 同時並行と一点集中。どちらが得意かはけっこう人によるよね。創作している知人ともよく話すテーマです。終わりの見えない詰める作業は、締め切りがないとできないよ(笑)。僕は逆に同時並行が苦手だったんですよ。今も苦手かも。最近、ナミソラSFやりたいーとか純文学やりたいーとかぽんぽん企画ばっかり出してて同時並行気味で、ちょっと迷走している感じがあるほどです(笑)。でも、るりなみ版を小説の先生に添削してもらったので、しばらくは詰める作業をするよ!

 お互い自分のペース守って一歩ずつがんばりたいよね! マツモさんは着実にエッセイや実績を増やしていっていて尊敬です。動くもしゃえっとすごい!!! また連絡します☆

星のロゴ2020年07月22日(水)[web clap]
アンダーライン

 少々調子を崩しており、仕事も忙しく、創作の時間が取れていません。まぁ、夏の間は仕事に集中かと思っております。「こんな情勢で仕事が忙しいというのはありがたいじゃないか」と家族にも言われましたし。

 それもあってかそれとは別にか、少々、中期的な見通しも長期的な見通しも迷走しておりまして。次に書く物語をどうするか、も含む問題なのですが、少し考える時間を設けることにしました。8月頭にひとつ区切りとなるイベントがあるので、それまでは頭を冷やしておこうかと……。

 頭を冷やすとはいっても、「わからなくなったらひたすら読もう!」がモットーなので、空き時間はひたすら本をめくっています。あと、映画も観るようになりました。何日もかけて観ているので、「一冊の本を読むのと一本の映画を観るのにかかる時間と労力は同じくらいでは?」という実感です。

 ----

 拍手ありがとうございます! メッセージお返事です。

>>東野さま
>>東野さま

 お知らせありがとうございます! リンクのほう、変更しておきました。サイトの移転、本当におつかれさまでした。のちほどゆっくり拝見させていただきます*

 そして漫画の感想ありがとうございます……!!! しずみとみかげの関係は……私の中で永遠の浪漫です……主従っていいですよね……。漫画を描くのは楽しかったのですが、その後は小説に注力してしまい、今に至ります。小説は以前公開していたものは大変古いものなのでっ(汗)、これからの公開をお待ちいただけたらすごく嬉しいです。しずみとみかげの話(ナミソラ)は、何度も何度も作り直してしまっていて、なかなか「これです!」と公開するに至れなくて、情けないのですが、がんばって創作しておりますのでお待ちいただけましたら……!

 SNSのほうでも、いつも本当にありがとうございます* またゆっくり漫画読ませていただきます。これからもよろしくお願いします!

星のロゴ2020年07月17日(金)[web clap]
アンダーライン

 公開している漫画や短編小説の感想をいただけて、本当に嬉しいしありがたいです。拍手を押してくださった方もありがとうございます!

 新しい物語をどう描くべきか、なにを描くべきか、なにが描きたいか、など2、3日いろいろ悩んでいました。前回書いた純文学のほうを進めたり、まったく新しいライトノベル的な物語の設定を考え始めたり。大いに悩みたいと思う一方で、深く考えずに今は書くことだ! と思う自分もいます。

 読書のほうは、ヘルマン・ヘッセ祭りを続行することにして、『知と愛』『幸福論』を書店にて取り寄せ注文してきました。その2冊を読んだら最高傑作『ガラス玉演戯』の再読か。最高傑作、と信じてやみませんが、本当に最高傑作と思うかどうかは全作読み比べてみてのお楽しみですね!

 誰かの作品を全作追いかけるなんて、生まれて初めてです。いや、読めるのかわかりませんが。幸い今は読書の時間が取れるので、人生の中でいい機会だと思っています。環境に感謝だな〜*

星のロゴ2020年07月14日(火)[web clap]
アンダーライン

 まだどうなるか全然わかりませんが、新しい物語を考え始めました。短いやつで、じゅ、純文学……。純文学には2014年頃にも挑戦していたのですが、その頃は「純文」どころか「文学」のぶの字もわかっていなかったのです。今は一応描きたいテーマがあって、文学の中でしか表現しえないと確信もしていて、純粋なる文学的挑戦をしたいと……いう……こころざし……だけは……。

 それがもしもこのまま書かれることになったら、初の現代日本ものへの挑戦にもなります。わーっ、登場人物の名前どうしよう!? 主人公は……僕の分身的な意味も込めて、小学校のとき初めて書いた小説の主人公の名前を引っ張ってくるのもいいかもしれません。あれ、ちょっと待てよ。小学校のときの創作は現代日本じゃなかったか?(笑)

 物語の種は50個出揃いました! 実はその種の中に、上記の純文作品の構想もあったのである。本当に実り多い試みでした、できたら今週も50個続けて100個にしたい!

 たくさんの拍手ありがとうございます!!! めちゃくちゃ励みになってます*

星のロゴ2020年07月13日(月)[web clap]
アンダーライン

 ヘッセの『荒野のおおかみ』が……素晴らしいです……! 1927年の作品だそうですが「時代の病」を見事に描いていて、2020年を生きる僕にも「まさにそれ」という感じで刺さる。本当につい昨日歩きながら悩んでいたこと、考えていたことへのひとつの返答が書かれていて、感激したのでした。

 読書を通じて作家と対話をすることができる、という喜びを、最近とみに感じます。某友人が言っていた「人と現実で話すより本を読んでいたほうが」という感じ方も少しわかったり。いや、それでも、現実で人と話してわかりあいたいという幻想は捨てられませんけどね。

 7月10日から毎日ちょこちょこ考えている、物語の種は47個になりました。1冊書きたくなるようなアイデアもひとつふたつ出て、チャレンジしてよかったと思っています。

 近いうちに回ってくる仕事が大変そうでびびっています。心配性で、なにかをはじめる前が一番不安にかられる。実際に作業する前から困難を感じているなんて損な性分です、なんとかならないんでしょうか(笑)。

 拍手ありがとうございます〜*

星のロゴ2020年07月12日(日)[web clap]
アンダーライン

 今日はたくさんの人とお会いできた日でした。特に夕方、行きつけのお店の庭先を通りかかったら、常連のおじいさんがギターを弾き語りしていて、人だかりができていて……。一年ぶりに再会するお知り合いさんとそのお仲間さんたちでした。いろいろ話せて楽しかった!

 本もいろいろ読んでいます。ヘッセの『春の嵐』は読み終え、『荒野のおおかみ』を読み始めました。あとは父から勧められていた感染症の本なども読了。新書は教養や知識が広がりますが、意識しないと読む機会を作れないですね。やはり自分では小説を手に取ってしまいがちで。

 とはいえその小説をたくさん積んでいます。海外のも日本のもラノベもSFもっ。それなのに今日また一冊本屋でうっかり買ってしまった……買わないぞと思いながら入ったのに!(無理だろう)

 生きている以上、やはり、宇宙をよりよくする方向に力を使うために生きたいな、と思います。他者を支援する仕事に最近興味も持っていたのですが、「それは職業にはよらないのだ」と師匠は言っていました。今の仕事、今の力、今の環境で、できることがあるはず。心の持ちようや、日々の行動で。

 拍手たくさんありがとうございました、すごく嬉しいです!!!

星のロゴ2020年07月11日(土)[web clap]
アンダーライン

 巨匠マーティン・スコテッシ監督の2019年の作品「アイリッシュマン」という映画を、1週間くらいかけて見ました。実在の殺し屋と大物実業家の話で、むずかしくてよくわからない場面もあるも、こんな世界があるのかとすごく勉強になるという。

 それを見終えたあとは「7月22日」という、ノルウェーでの2011年の実際のテロ事件をもとにした映画を見始めました。「アイリッシュマン」に続き銃声が飛び交う映画で、母からは「なんでそんなハードな映画ばかり見てるの?」と尋ねられましたが……、なぜだろう……。Netflixの中で好きそうなの選ぶとこうなっちゃった……。本当はヴィスコンティとかトリュフォーが観たいのですが、大学図書館が開くのを待っています。

 物語の種をひたすら出しています。1日10個ほどですが。「種」の状態でも、「自分らしい物語か?」というのは考えますね。やっぱり王国ものが多いというのはありますが、職業もの、特殊な職業がらみで事件に発展する物語が多いですね。ファンタジーがかってはいるのですが。

 拍手ありがとうございましたっ! 励みになりますっ!

星のロゴ2020年07月10日(金)[web clap]
アンダーライン

 平日の間、仕事で忙しくしてました。社会人らしくなってきたものである。在宅で楽はしていますが。8月末まで忙しい時期が続きそうです。

 るりなみ版が完成し、ナミソラSFが詰まっているので、新しい物語を考えはじめようかと。その手始めに……というわけではないのですが、友人シミズ氏おすすめの方法で物語の種をいっぱい考えてみることにしました。とりあえず来週までに50個です! でも最初の50個はなんとかなるだろう。シミズ氏はこれを1000個やったというから……うむむ、僕もがんばろうっと。

 オペラの「魔笛」を観ています。魔王然として出てきたザラストロが実は……、というのにびっくり。王子の試練のところとか、めちゃくちゃはらはらしながら見てます。わかりやすいし面白い。そして名曲の数々。すばらしいです。

 7日、9日、拍手ありがとうございました*** あ、過去日記は整理しました。リンク切れ等あったら報告してくださったら嬉しいです><

星のロゴ2020年07月05日(日)[web clap]
アンダーライン

 母とともに、緑豊かな山あいのほうまで足を伸ばしてきました。喫茶店に行くために! 素敵な喫茶店のためならば、たとえ山の中、森の中……。道中綺麗な写真がいっぱい撮れたのもよかったです。

 るりなみ版の修正作業がひととおり終わり、「完成」という形にこぎつけました。今、全編を印刷して束にしてみたところです。これから通し読みしてまた細かい修正を……。通し読みしたことがないのでどんな印象になるかどきどきです。

 映画、って最後に見たのは一年前、くらいのものだったのですが、少し触れる機会を増やそうかと思い。僕の見たい映画は主に往年の名作なので、大学図書館などで見るのが良さそうなのですが、今はそこも閉まっている。ということでとりあえず動画配信サービスの契約を再開してみました。映画を見る人生になれるのか、時間と気力の使い方が問われそう。

 拍手ありがとうございます〜〜〜。

星のロゴ2020年07月03日(金)[web clap]
アンダーライン

 ナミソラSFのプロット(第2案と言いつつ第7稿だった)をやっています。の、ノリがめちゃくちゃシリアスに……。もっと主人公しずみさんに恋バナとかしてほしいです、悩める乙女のノリになってほしいです。

 るりなみ版はあと一話分調整を残すのみでほぼ完成! 明日、文学青年さんと文学少女さんとの会合で見てもらってきます。友人もえがたいですが、場所もわざわざ開けてもらえるようで大変ありがたい……ご縁に恵まれているのを感じます。

 忙しい忙しい言っていたら、今日仕事のストップ指令がかかり、急に土日月が忙しくなくなりました。火曜日以降にしわよせが来そうで怖いですが、とりあえず創作日和ということで(笑)。

 拍手ありがとうございました!!! 大変っ、励みになりますっ!

星のロゴ2020年07月02日(木)[web clap]
アンダーライン

 仕事の時間が足りてません。やばい。もうちょっと早起きしないと。

 とぼやきつつも、夜は本読んだり「るりなみ版」の調整をしたりしているのである。調整は早いところ終えてしまって、「ナミソラSF」のモードになりたいです。といっても、プロット第2案を仕上げたら一旦離れて、まったく別の作品にかかってもいいな、とは思っています。昨日ちょこっと書いた一般文芸みたいな。

 なにが忙しいのかわかりませんが、「心を亡くすと書いて忙しい」と言いたくなるような心境です。すべてはもうちょっと早起きすればなんとか……なるのか? 製本のための表紙絵とかも描きたいのですが、全然余裕がありませんな(汗)。

星のロゴ2020年07月01日(水)[web clap]
アンダーライン

 るりなみ版(『光の玉手箱』)最終話、昨日完成したものの手直しなどを少しして、シミズちゃんに見てもらいました。読んでくれる仲間がいるのは本当にありがたい。

 習い事の鍛錬はよくしているのですが、なかなか仕事に集中するモードになれず。仕事と一口で言っても、日によっていろいろ作業が違うので、集中力も変わってくるのですが。やはりWEBデザインの仕事が最近の中では一番楽しく、やりがいがあります。明日はWEBデザインするぞ!

 一般文芸的な小さな作品が書いてみたい、とまた最近思っています。『天使の宝玉』はわりとそういう感じだったのですが。どうなるかは未知数です。

 たくさんの拍手、本当に感謝です!!!