* あらすじ *

 深い森と澄んだ湖、なだらかな山々のあいまに、ナミソラ王国の王都はあった。魔法の王国、と呼ばれるナミソラの街には、今日も不思議な風が吹く──。

 王子しずみと、教育係の魔術師みかげの2人が、日常のなかで不思議なできごとに巻き込まれていく。

 街には深海が広がり、石像の鳥は舞い踊り、嵐は歌い、ときには風の精霊が病をもたらすことも。そして最後、物語の舞台は影の国へ……。6つの小話をおさめた幻想短編集。


( 幻想小説 / 児童文学 / 全6話 / 約38000文字 )


《目次》

第1話 海を呼ぶ   (前編後編)
第2話 石像の鳥   (前編後編)
第3話 風の旅立ち  ()
第4話 月を編む   ()新たにアップしました
第5話 最後の交響曲 (coming soon...)
第6話 影の国    (coming soon...)