目次第1話第2話/ 第3話()第4話/ 第5話/第6話


第3話 風の旅立ち 〜2〜

星乃すばる


 裏山の森は、初夏だというのにうっそうとしていた。
 めざす祠は、一本道の先にあるという。土の踏み固められた小道を、しずみはろうそくの炎を大切に守りながら歩いていく。道のわきの木々はどれもとてつもなく巨大で、少し不気味だった。

 木々の影になにものかが隠れていそう……。

 そう思った矢先、しずみの鼻先を、ひゅっ、となにかが通っていった。

「な、なに!」
「……消しちゃうぞ……消しちゃうぞ……」

 ゆらめくような声が、宙空から聞こえてきた。
 それからまた、ひゅっ、と、つむじ風のようなものがしずみの周りをめぐった。

「おまえの願い……ひと思いに……消しちゃうぞ……!」

 風に包まれながら、しずみは声に耳を澄ませた。
 よく聴いてみると……その声は、とても幼い。しずみは、風の荒れ狂う宙空に語りかけた。

「消しても、いいよ」
「……なんだって?」
「消しても、いいよ。それが君の願いなら」

 風が、やんだ。

 そして、しずみの目の前に、昔ながらの着物に身を包んだ幼い子どもが現れた。
 子どもの輪郭は、かげろうのようにうっすらと揺らめいている。その姿も、よく見ると少し透けていて、青みがかっている。

 風の精霊だ! としずみは思った。

「なんだよ。おもしろくないやつだな」

 子どもはいまいましそうにそう言った。だが、すぐに好奇心いっぱいの顔になって、しずみをじろじろと見た。

「いたずら者って、君のこと?」

 しずみが問いかけると、子どもは「ちっ」と舌打ちする。

「俺様のこと、いたずら者だって? 俺様は強いんだぞ。いたずらなんかで済むもんか」

 神秘的な姿をした精霊なのに「俺様」なんて言葉を使うその子のことが、しずみは少しおかしくなった。しずみはろうそくの器を、その子の前に掲げてみせた。

「それで、この灯を消したいんでしょう?」
「そうだよ。願いが叶わなくなっちゃってがっかりするおまえが見たいんだよ」

 子どもは表情をゆがめてそう答えた。だが、凶悪な感じとはほど遠い。しずみは思わず、くすくすと笑ってしまった。

「別にがっかりしないよ。僕の願いは、このろうそくが叶えてくれるわけじゃないもの」
「おまえの願いって、なんなんだ?」

 好奇心をおさえられない様子で、子どもがそう訊いてくる。
 しずみは少し思い立って、笑顔で答えた。

「君が満たされるように、って願うことにするよ」
「なんだって? なんで俺様のことなんて願うんだよ」
「君はどこか寂しそうなんだもの……。君に素敵な友達ができるように、って願ってもいいよ」
「友達だって?」

 精霊の子どもは、ふ、と影のある表情になった。

「俺様は風の子なんだ。はぐれものの風の子だよ。友達なんていらないよ」
「君はそれでいいの?」
「ああそうさ、だって……」

 すると、風の子の言葉をさえぎって、近くの老木が話しかけてきた。

「むだですよ、優しい旅人さん。その風の子は今までさんざん悪いことをして味をしめてきたんです。ひとの願いがかかった灯し火をもてあそんで……。今にもう、悪い風に迎えられてしまいますよ」

 老木は、老婆のようなしわがれた声で、少し悲しげにそう言った。
 だがその言葉に、風の子が逆上した。

「なんだと、このばばぁ!」

 風の子は、ひゅっ、と風の姿に戻ると、老木の周りを吹き荒れた。
 ものすごい勢いで木の葉が舞って、しずみは思わずしゃがみこんだ。

「ああっ」

 老木の悲鳴があがった。めきめきと音がして、しずみは、はっと見あげる。大きな枝が折られて、しずみの上に降りかかってくる。

 つぶされちゃう!

 そう思ったときだった。
 ぶわっ、と嵐のような激しい風が、山の上のほうから吹きおりてきた。荒れ狂うような風は枝を遠くへ飛ばしてしまうと、意志があるかのように、もう一度こちらへ向けて吹きあげてきた。

 風の子の風じゃない!

 しずみはろうそくの火を守ってしゃがみこんだまま、息をのんだ。新しく現れた激しい風は、ちっぽけなつむじ風のような風の子を狙うかのように吹き荒れる。老木の近くの宙空に、ぱっ、と風の子が人の姿になって浮かんだ。暴風にあらがうように手を振り回す。

「な、なんなんだ! あっちへ行け!」

 だが、荒れた風は風の子の周りで吹きすさび、風の子をめちゃくちゃに揺さぶった。
 そして、暗い闇の底から響くような声がした。

「……風の子よ……そなたを……闇の色に染めてやろう……!」

 荒れた風が、さっ、と暗い色に染まっていった。風の中にインクがこぼされたかのように、荒れた風は黒い風になっていく。
 風の子が悲鳴をあげた。
 そのまま黒い風は風の子を取り巻いて、連れ去ってしまおうとした。

「その子を連れて行かないで!」

 しずみはろうそくを守ることも忘れて、大声で叫んだ。
 すると……。
 しずみの手の中で、ろうそくの炎が、一気に大きく燃え上がった。そしてその炎から、まばゆい光が、わっ、と広がっていった。あたたかな光が、小道も、老木も、黒い風も、あたりのすべてを包みこんでしまう。

「……おおぉぉぉ!」

 黒い風が苦しげにうめく。子どもの姿をした風の子が、その隙をついて、しずみの背後に逃げこんできた。一面の光の中で、ぶわり、と最後の波を立てたかと思うと、黒い風は山の上へと去っていった。

「これは……心の灯じゃ……」

 光に包まれた老木が、しみじみとつぶやくのが聞こえた。光はゆっくりと薄れていき、しずみの持つろうそくの炎ももとの大きさに戻った。風の子は泣きじゃくってした。

「大丈夫、もう怖くないよ」

 しずみはそっと声をかける。風の子はしゃくりあげながら、ぽつりぽつりと言った。

「あいつ……本物の『悪しき風』だった……怖かったよ……心がわぁっ、と闇に包まれて……」

 しずみは、風の子が泣きやむまで、そばにたたずんでいた。頭をなでようと手を伸ばしてみたが、触れることはできなかった。
 それでも風の子はしずみの手を握り返すようにして、「ありがとう」と言った。

「もう、いたずらはやめるよ。俺、そろそろ行くね」
「あ、待って!」

 離れていこうとする風の子を、しずみは呼び止めた。

「僕の名前はしずみ。ねぇ、友達になろう!」
「友達に……?」

 風の子は目をぱちぱちとさせたものの、ひゅん、と風の姿になり、飛び去ってしまった。

「あ、いっちゃった……」

 しずみは少し残念に思いながらも、仕方なしにろうそくを抱え直した。
 だが、しずみが森の奥を目指して歩き始めたそのとき。

「しずみ!」

 声がしたかと思うと、しずみのうしろから、ひゅっ、と風が通り抜けていった。

「友達だからな!」

 風は、しずみの返事も聞かずに、また去っていった。
 だがしずみは、とてもあたたかな気持ちになって、微笑んだ。

 〜3〜へつづく

目次第1話第2話/ 第3話()第4話/ 第5話/第6話

メッセージは文字まで、同一IPアドレスからの送信は一日回まで

気に入ったら押していただけると励みになります!